よくある質問

弥陀ヶ原の気候・散策のポイントについて

Q

どんな服装がいいですか。

A

弥陀ケ原では乗り物を乗り継ぐだけで、気軽に観光を楽しむことができますが、散策、登山などをなさる場合はそれなりの準備が必要です。2,000メートル級の高原ですから、天候に注意し季節に合わせた服装で山歩きをしましょう。

 

基本的な服装

山は気象がかわりやすく、ちょっとした不注意や準備不足でケガをすることもあります。急な天候変化や温度変化に対応できるよう、晴天でも必ず雨具などを準備しましょう。

 

雨具…コンパクトに折り畳めて、フードが付いているもの。

スニーカー…革靴やヒールのある靴では歩きにくい上に危険です。

ディパック…両手を空けておいたほうが歩きやすいでしょう。

帽子・日焼け止めクリーム…紫外線が強いので、思った以上に日焼けをします

 

季節ごとの服装と持ち物

4月から6月ごろは、弥陀ケ原高原の散策道は雪に埋もれています。雪上散策になるので、防水の効いたトレッキングシューズや長靴が必要です。雪の照り返しが強いのでサングラスも必需品です。気温は0~マイナス5度ぐらいと低いですが、歩くと暑くなるので、上着は着脱しやすい前ボタンやジッパーのついた服が便利です。靴は靴底が革製でツルツルなものではなく、滑らないよう溝のあるもの、雪が入りにくいハイカットなものがよいでしょう。なお、貸し出し用の長靴をご用意しております。

※「雪の大谷」イベント期間中はかなり寒く、真冬並の装いが必要です。

あると便利…
手袋、カイロ、マフラー、耳あて付き帽子、ネックウォーマー

 

7月から8月の気温は15~20度ぐらいで快適な避暑地といえます。下界では半袖・半ズボンですが、山の日差しは思った以上に強烈なので、あまり肌を露出しない服(通気性のよいもの)がよいでしょう。夏の間は午前は快晴で暑いくらいでも、午後にはガスが出たり、夕立が降ったりして急に寒くなることがあります。散策道は整備されて歩きやすくなっていますが、上り下りがあるのでサンダルなどではすぐマメができてしまいます。

あると便利…ウィンドブレーカー、サングラス

 

9月から10月は紅葉シーズンとなります。気温は10度前後で、肌寒く感じることが多くなります。10月に入ると雪がちらつくこともあります。ウール素材の厚手の長袖シャツやフリース素材服などがお奨めです。

 

11月の気温は氷点下になることも多いので、防寒対策を十分にしてください。乗り物の中は暖房が効いて暖かいですが、一歩外に出るととても寒いです。散策の予定がなくても、ダムの堰堤などで雪の上を歩くこともありますので、防水性の滑りにくい靴がよいでしょう。

 

› 立山黒部アルペンルートオフィシャルガイドの「服装と持ち物のアドバイス」もあわせてご参照ください。

 

 

Q

どんな散策コースがありますか?

A

広大な弥陀ヶ原湿原に整備された遊歩道には、手軽に散策を楽しむ「内回りコース」(所要時間:40分~1時間)やさらに足をのばす「外回りコース」(所要時間:1時間20分~2時間)があります。

また弥陀ヶ原の南側に広がる立山カルデラを一望できる「立山カルデラ展望台コース」(所要時間:40分)もおすすめです。

ホテル周辺の散策コースはこちらをご覧ください。

また高原バス沿線にもいろいろな散策コースがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

なお遊歩道がまだ雪におおわれている残雪期(4月~6月頃)は散策コースを通行できない場合があります。

年により積雪状況は異なりますので、最新の状況はホテルまでお問い合わせください。

Q

高山植物を見るにはいつ頃がよいですか?

A

最も早く見ることができるショウジョウバカマが開花するのは、例年5月下旬頃です。

6月中旬頃からは、キジムシロ、ミツババイカオウレンなども咲き始めます。

多くの高山植物を見ることができるのは例年7月頃で、チングルマ、イワカガミ、タテヤマリンドウ、ワタスゲ、ゼンテイカなどを楽しむことができます。

年により開花状況は異なりますので、最新の状況はホテルまでお問い合わせください。

Q

紅葉のシーズンはいつ頃ですか?

A

弥陀ヶ原ホテル周辺は、例年9月下旬から10月上旬が見ごろです。アルペンルート内での紅葉は標高差があるため、例年9月中旬から11月上旬にわたって楽しむことができます。
その年の気候によって変わりますので、最新情報は弥陀ヶ原ホテルにお問合せください。

 

紅葉めやす

9月中旬:3000mの主稜線
9月下旬:室堂平・大観峰・タンボ平
10月上旬:弥陀ヶ原周辺
10月中旬:黒部ダム・扇沢周辺
10月下旬:美女平周辺・日向山高原周辺
11月上旬:立山駅周辺

手荷物・宅配について

Q

チェックイン時間より早く到着して、散策したいのですが。またチェックアウト後も散策したいのですが?

A

到着後、フロントカウンターにお越しください。チェックインのお手続きのうえ、お荷物をお預かりいたします。 もちろんチェックアウト後もお荷物をお預かりいたします。

Q

自宅から宅配便で荷物を送りたいのですが?

A

弥陀ヶ原ホテルは宅配のエリア外のため、ご宿泊のお客様のお荷物等は平野部にあります事務所に宅配便(事業所への直接の持込は承っておりません)にて送っていただき、そちらから当社専用のトラックで運んでおります。

› 送り先等の詳しい情報はこちらからどうぞ

Q

前泊のホテルから弥陀ヶ原ホテルへ荷物を送りたいのですが?

A

前泊ホテル(宇奈月温泉・富山市内・大町温泉)や富山駅、信濃大町駅から、その日のうちに、弥陀ヶ原ホテルまで手荷物を回送するサービスがございます。

詳しくはこちらをご覧ください。

Q

弥陀ヶ原ホテルとホテル立山に連泊するのですが、手荷物の回送はできますか?

A

弥陀ヶ原ホテルにお泊りのお客様が翌日ホテル立山にお泊りになる際、またその逆におきまして、お客様のお荷物を回送いたします。チェックアウトの際にお荷物をフロント係員にお渡しください。お渡し時間は15時以降となります。

ホテル施設・アメニティについて

Q

アメニティ・貸出には何がありますか?

A

客室案内のページをご覧ください。

Q

携帯電話は通話可能ですか?

A

携帯電話はドコモ、au(4G LTE.3G)、SoftBank(4G LTE.3Gプラチナバンド)の通話エリアとなっておりますが、場所によっては電波がつながりにくくなっております。

Q

Wi-Fi (無線LANサービス)はつながりますか?

A

客室全室、1階ロビーラウンジにてWi-Fi(無線LANサービス)がご利用いただけます。

インターネット、Eメールに無料接続できます。パソコン等の貸し出しは行っておりません。

Q

食物アレルギーに対応してもらえますか?

A

弥陀ヶ原ホテルでは、食物アレルギーをお持ちのお客様にもお食事をお楽しみいただけるよう、できる限りの対応に取り組んでおります。

ご夕食 (レストラン大日、レストラン薬師)

ご予約の際に食物アレルギーの旨をお知らせいただき、具体的なアレルギーの食物も合わせてお申し付け下さい。ご宿泊日の10日前までにご連絡下さい。

ご朝食(レストラン大日)

ご宿泊の皆様が和洋バイキングでの同メニューになります。会場にて、お料理前のバイキングメニューにピクトグラム表示をしております。

食物アレルギー対応のご留意事項

使用食材につきましては、製造元からの情報をもとに確認しております。

他のメニューと同一の厨房で調理するため、また調理・洗浄機器についても、他のメニューと共通のものを使用するため、調理過程においてアレルゲン物質が微量に混入する可能性があります。

上記事由により、提供する料理は完全なアレルギー対応メニューではございませんので、予めご留意下さいますようお願い申し上げます。

症状が重篤な場合はお客様の安全のため、やむをえずお断りさせていただく場合がございますので予めご了承下さい。

ご予約に際して、上記内容をご確認の上、お客様による最終的ご判断をお願いいたします。

Q

クレジットカードは利用できますか?

A

はい利用可能です。お取扱カードは下記のとおりです。

JCB、VISA、MASTER、AMEX、DINERS、DC、UC、UFJ、NICOS、SAISON、JTB、JAL、セディナ、アプラス、デビット、DISCOVER、銀聯

交通アクセスについて

Q

東京・大阪・名古屋からの交通アクセスは? 富山空港からの交通アクセスは?

Q

アルペンルート内の乗り物は随時運行しているのですか?

A

こちらからアルペンルート時刻表がご覧いただけます

› アルペンルート時刻表
※PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。

Q

弥陀ヶ原からバスに乗れますか?満員で乗車できないことはありますか?

A

ご宿泊されたお客様はチェックインの際にフロントにて、翌日乗車予定のバスの時間をお伺いいたしますのでご予約をお願いいたします。 ご予約をいただいた人数分の座席を空けて始発駅(美女平または室堂)を出発しますのでご安心ください。
お立ち寄りのお客様も、降車時に弥陀ヶ原バス停の職員が乗車時間を伺いますのでお申しつけください。(ご予約は遅くとも乗車希望時間の1時間前までにお願いいたします。)

Q

マイカーで出かける予定ですが、駐車場はありますか?

A

立山黒部アルペンルートのうち、立山駅~扇沢駅の間はマイカーで入ることはできません。富山側から入られる場合は、立山駅で駐車し立山ケーブルカーにご乗車いただきます。また信濃大町側から入られる場合は、扇沢駅で駐車し関電トロリーバスにご乗車いただきます。立山駅前、扇沢駅前にそれぞれ駐車場がありますのでどうぞご利用ください。またお車の回送もございます

 

立山駅駐車場 [立山ICより40分]

 

無料駐車場 約900台
臨時駐車場 約600台
※混雑時のみ対応・無料
備考 臨時駐車場には日帰り専用の駐車場もございますので、ご注意ください。

 

扇沢駅駐車場 [安曇野ICより60分・大町市内より40分]

 

無料駐車場 320台
有料駐車場 350台
臨時駐車場 600~800台
※混雑時のみ対応
乗用車
駐車料金
・第1、第2駐車場 12時間 1,000円(以降12時間毎に1,000円加算)
・第3、第4駐車場 24時間 1,000円(以降24時間毎に1,000円加算)
備考 混雑時には、扇沢手前8kmの臨時駐車場に駐車していただく場合もございます。
なお、駐車場整備協力金として1台500円をいただきますが、そこから無料シャトルバスで扇沢へ送迎いたします。